UVでサンバーンが起きる肌の仕組み

長期間、UVを浴びていると日焼けしちゃうことは、大抵のかたが知ってます。日に焼けてしまう要因となる紫外線は、いったいどういうものなのでしょうか。

UVというものは、太陽光のひとつで、種類をA波・B波紫外線、C波紫外線に類別することが出来ます。ガラスの様な透明な物では、紫外線a波自体を防ぐことは出来なくて、皮膚へと届くのです。ガラス窓を挟んで陽光を受けてた場合や、自動車で外出を行う時でも、UVa波というものは受けるため色焼けしてしまうんです。

また、太陽光B波というものはオゾン層で遮れるので、曇りの日は、雨が降っている日減ってしまうのです。天候で照射している量が変化する紫外線光の量というのは、此のUVB波なのです。

UVc波が日に焼けてしまう事に関係はありません。何故かというと、紫外線c波は雲を通過しないからなのです。

a波というのは、窓ガラスを通り抜ける事が可能であるので、お肌の奥にある真皮層へと通ってしまうのですが、有毒度合で言うのならB波ほどではないと言われてます。

皮ふの日焼けしちゃうことを考えるのであれば、部屋でUVを受けるため、常時対策法をとる必要のあるUVなんです。お肌の色が黒っぽくなってしまうことが、日焼けの働きではじゃ無いんです。シミや肌のくすみが増えてしまい、肌のたるみや肌の老化の原因にもなるものです。

紫外線で肌焼けをするというのは、肌を防ぐ為にメラニンの色素を上昇させる、いわば防衛策です。小麦色に焼けてしまったお肌は健康的なイメージを相手に与えますが、美容の視点において考えると肌にとっていいこととではないので、その対処が大切です。