セロトニンのサプリメントを利用する時の注意点

近年、注目度の高いサプリメントに、セロトニンがあります。ストレを軽くして、よく眠れるようになるという成分です。体にいいセロトニンですが、適切な使い方をしなければ、トラブルが起きることがあります。セロトニンサプリメントに限った話でありませんが、健康にいい成分だからといって際限なく摂取していると、体によくない影響をもたらします。一気にセロトニンを取ると、セロトニン症候群と呼ばれる体の不具合が起きることがありますので、用心する必要があります。セロトニン症候群になると、めまいや吐き気、頭痛などが発生します。人によっては、セロトニン症候群が死亡に結びつくことにもなるといいます。飲み方や、飲む分量は、表示内容に従うようにしてください。心拍数が急に増えたり、体温が高くなりすぎたりという症状も、セロトニン症候群にはあります。適量がどのくらいかをサプリメントのパッケージなどで確認して、それ以上の量を飲まないようにすることで、セロトニン症候群を防ぐことができます。セロトニンサプリメントと、抗うつ剤を同時に使っていたために、セロトニン症候群になる人もいます。うつ病の薬などで病院からもらえる抗うつ剤は、セロトニンの機能を活発にする薬で、最近では珍しいものではありません。セロトニンサプリメントを飲んでいる一方で、抗うつ剤も飲んでいると、体内のセロトニン量が多くなりすぎることがあります。サプリメントでセロトニンを補給する時には、摂取量が過剰にならないように用心する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 4 =